先日コトリップで各種場所に出かけて、日本にトリップで訪れている外人の多さにちょこっと驚いていらっしゃる。中国の方法だけではなく、各種国の用語が飛び交っている。津々浦々は再度トリップに力を入れるべきだとおもう。各地で「トランスレーターの方法お願いします」といった現実を見かけた。ひとまずどの名勝も一人は英語を話せる方を配置してあるようだ。
トリップ立国に関して1億総バイリンガル案を通してみてもいいと想う。ナショナリズムを挙げて金額を組んで一般人がみな英語を流暢にしゃべれるようにしてみたらどうだろう。
「英語が自負になりたい」という自分なりにしっかり学んでいるけれど、強敵日本にいて取り扱う機会がないのです。それで1億総バイリンガル案と称して、たくさんの外国の方を日本に送り込んでもらいエネルギッシュ・日常的に英語を使う環境にやるなと本気で思っています。小池都知事、2020都内五輪に関してどうでしょう?この租税の用法なら一般人も納得するというのですが。http://xn--cckdb9h0b2bd9sf4ec7235htq6i.xyz/