私が学生時代に釘付けになったのは博物館・美術館周りだ。大学でプログラムというプログラムの間が空いてしまうと、だいたい1時間半ほどの時間が空いてしまう。こういう時間を賢くつぶすために、大学近くの博物館・美術館を訪れることが務めとして、やがて博物館・美術館で方法展・エキスポが行われると本当に足を運ぶほど、博物館・美術館周りに釘付けになったのです。有名な博物館や美術館はもちろん、ビルの隈程度の広さしかない自身ギャラリーまで、はたしてたくさんの博物館や美術館を訪れました。大学4年間の間に行われたエキジビション・エキスポは合計訪れたと言えるくらい、徹頭徹尾ってのめり込んでいたのです。そこで出会った力作や開示物には今でも忘れられないものがいくつもあり、また博物館・美術館周りによって、自分の直感や感覚がそういった物だったのかって自覚するスタートをつかめました。私が学生時代に釘付けになった博物館・美術館周りはちゃんと立派で有意義な時間だったと感じます。専業主婦が消費者金融でお金を借りるには